助成金申請
助成金申請
助成金については多かれ少なかれご存知と思いますが、厚生労働省管轄のもの、経済産業省管轄のもの、または都道府県単位のものなどを数えると、主なものだけで100種類以上にもなります。多くは雇用に関するものです。
雇用保険の財源の一部が助成金事業に充てられ、労働者の雇用促進、教育、育児との両立、労働環境整備など、国を挙げて労使ともに元気になってもらいたいという目的でもあります。

以下、受給のポイントについて触れていきます。

助成金を受給するためのポイント

  • 受給できる助成金を知っていること
    A社とB社が同じように人を雇った時、助成金を知っているA社は50万受給した。知らないB社は受給できず。まずは助成金を知っていることです。
  • 準備ができていること
    助成金を受給するには要件があります。助成金によって必要な準備は違います。さあ人を雇ったぞ!助成金を申請しよう!と思っても、必要な要件がクリアできなければ受給できません。
  • タイミングを逃さないこと
    ねらった助成金があり、準備もできたが申請のタイミングを逃してしまうとこれも受給できません。申請が遅れても国の事業なので、どうにかお願いします。。というわけにはいかないのです。
  • 最大のポイント
    当たり前ですが、申請することです。

    50万の助成金を2回受給できれば100万です。決して小さな額ではないと思います。
    助成金は必ず受給できるとは言えませんが、申請しなければ当然受給できません。
    申請は自由であり、費用はかからないものがほとんどです。

助成金は毎年変わります。新しい助成金がでたり、今まであったものが無くなったりします。
しかし、環境が整っていれば受給の可能性は大きくなります。

※無料診断行っております。お気軽にご相談ください。

戻る

 
お問合せ
社会保険労務士法人
パートナーズメニュー
〒326-0814
栃木県足利市通3丁目2757
足利商工会議所友愛会館3階

TEL:0284-64-8735
FAX:0284-64-8736
メールでのお問合せ